2018.06.1

薬剤師とメディカルアロマ

 

アロマアドバイザー資格取得コース

 

嬉しいことに、今月も新たにスタートされる生徒さん達がいらっしゃいます。

aaaromaを選んで下さり、本当にありがとうございます。

 

6月は試験の生徒さんもいるので、どきどきですね。

勉強は無理せず、アロマでリラックスしながら頑張りましょう。

 

さて、アドバイザーレッスンのレッスンは、前半が基礎のためボリュームがあり、頭がいっぱいになってしまうこともあります。

 

そんな時はハーブが活躍。

 

 NARDJAPANアロマアドバイザー

 

目で見ることで記憶にとどめやすく、そしてとにかく綺麗なのでリラックスできます。

「精油は植物のどこにあるのか?」

「どう保存されているのか?」

ハーブ教室ならではのお話や実際に触ることで植物の香りを実感できます。

 

 

 

メディカルアロマを学ぶなら

 

アロマアドバイザー

 

開校当初、実はアロマテラピーをお伝えするに当たり「薬剤師であること」が利点だとは思っていなかったので、ブログ(当時はブログのみで活動していました。)にも書いていませんでした。

 

講師活動をしていく中で、少しずつ「医療者であること」が大切だと感じるようになりました。

それはお伝えしているアロマが「アロマテラピー」ではなく「メディカルアロマテラピー」だからです。

 

 

生徒さんはそれぞれ理由を持ってメディカルアロマを学んでいます。

 

ナードジャパンアロマアドバイザー資格取得

 

人は誰でも人に言いにくい心や身体の悩みを持っていて、そしてそれを少しでも解消できたら良いなと思っています。

そして、もしできることなら「薬」に頼る前にできること、自然なもので解消できれば嬉しいなと思いますよね。

 

 

皆さんのご相談に対する自然療法での対処法や、先に病院へ行くべき症状など、医療者の経験・知識があるからこそ判断がでたり、お調べすることができます。

 

アロマスプレー

 

そして意外と見落としがちなのは「容器」。

アドバイザーコースでは、クラフトに必ず「遮光ガラス瓶」を使っていますが、それも薬の管理をしていたからこそ守るべきものだと感じています。

 

遮光が必要な薬は、調剤しても必ず遮光します。

精油も同じです。

透明の容器に入れることで、残念ながら成分が変化します。

 

例えば、柑橘類精油に入っている「リモネン」は透明容器に入れておくといったい何パーセントくらいになるのでしょうか?

 

ナードのアロマテラピーは、成分ごとに効能を勉強していきます。

成分ごとに効能を学べることが楽しい!のですが、もしリモネンがほとんど残っていなかったとしたら?

 

他にも、間違った保管法による成分変化によるアレルギーの発生も心配しています。

(価格の低いワークショップでは、マステを貼ってデコったり、光の当たらない場所へ保管の徹底、お手持ちの遮光瓶への移し替えのご提案などをして対処していましたよ。)

 

aaaromaのアドバイザー講座では、データに基づいてきちんとお伝えしています。

 

 

 

 

無理なく実践できる楽しいアロマを

 

ナードアロマテラピー協会

 

アドバイザーコースでは、アロマを「安全に楽しく」暮らしに取り入れていただくために、必要なルールも学んでいきます。

 

aaaromaで学ぶ生徒さんは、OLさんや主婦の方がほとんど。

「難しそう」と思わず、ご連絡下さいね。

 

レッスンでは、効能効果のみにとらわれないように 香りの良さも大切に。

クラフト作りが大好きなので、様々なアイテムを作りながら楽しく学びます。

 

 

普段の暮らしことからメディカルな面まで、楽しくフランス式アロマテラピーを学んでみませんか?

 

 

メディカルアロマを学ぶならaaaromaへ。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

*私が所属している日本アロマセラピー学会は、医療従事者の方にお勧めです。

 

 

 

 


2018.05.31

フレッシュハーブ活用法

 

オーガニックハーブ

 

フレッシュハーブが楽しめる今の時期。

たくさんのハーブを暮らしに取り入れたいですよね。

 

先日ナード農場の記事を書きましたら、予定が合わなかった生徒さんは皆さん「来年は行きたい!」とおっしゃって下さりとても嬉しかったです。

来年は是非ご一緒しましょう。

 

 

さて、毎年参加している会員の方でも、意外とフレッシュハーブの使い道に悩む方は多いのではないでしょうか?

 

今日は少しですが、私のフレッシュハーブ活用法をご紹介したいと思います。

 

 

まずは王道ですが、よく洗って水気を拭き取りザルなどで乾燥させてドライハーブにします。

ドライハーブは使い道が多いので、迷ったから乾燥させましょう。

 

・ハーブティーに

・粗塩と混ぜてポプリに

・岩塩と混ぜてハーブバスソルトに

・アルコールを加えてハーブチンキに

・オイルに漬け込み浸出油に

・手ごね石鹸に混ぜて飾りに

 

ナードジャパン認定校

 

梅雨に参加される方は、湿気でハーブの乾燥が上手くいかないことがあります。

雨が降っている日は、チンキや浸出油、ポプリなどはフレッシュのまま使っても大丈夫です。

(虫とりと水洗いはして下さいね。)

 

 

また、新鮮なハーブを持ち帰れた際は、キッチンハーブとしての活用もお勧めです。

 

ダマスクローズジャムは、ナードの方にレシピを教えて頂けます。

 

ダマスクローズ

 

ローズの浸剤は茶色ですが、レモン汁で酸性にすることで綺麗な赤いジャムになります。

私はアガベシロップで甘みをつけました。

ローズの香りも良く、ヨーグルトとの相性が抜群でした。

ハーブティーや紅茶に入れても美味しいです。

 

 

こちらも手軽でお勧め。

ハーブのアイスキューブ。

 

ナード認定校

 

氷を作る際は、製氷皿に半分ほどのお水を入れてハーブを入れ一度凍らせます。

残りの水を入れて再度凍らせると、アイスキューブの完成です。

 

初めから製氷皿いっぱいに水を入れてしまうと、ハーブが浮いて氷の外に出てしまうので注意して下さいね。

 

 

 

 

上級者さんは自宅で蒸留

 

オーガニックハーブ

 

持ち帰ったフレッシュハーブの半分は、我が家では蒸留してハーブウォーターを作りました。

 

今は卓上蒸留器やハーブウォーターメーカーという商品がいくつか販売されています。

値段や仕様も様々ですが、比較的手頃な値段のものが増えてきています。

熱源も様々ですので、ご自宅にあった商品を選択されると良いと思います。

 

 

今回私が蒸留した「ジャーマンカモミール」のハーブウォーターでは、紺碧色の成分「カマズレン」を見ることができました。

 

カモミールジャーマン

 

自宅で精油が採れると感激します。

たくさん採れた今回のハーブのウォーターは、

・化粧水

・ヘアスプレー

・ジェルやクリームに

少しずつ活用しています。

 

 

 

フレッシュハーブ活用法いかがてしたか?

 

ハーブティー

 

ハーブの活用法、いかがでしたか?

ご紹介したのは一例ですが、ハーブを使ったクラフト作りは手軽で楽しいものばかり。

 

また機会があればご紹介させて下さい。

 

 

前回と今回を合わせて、2018年ナード農場レポートでした。

少しでも農場研修の魅力をお伝えできれば嬉しいです。

 

 


2018.05.23

2018 ナードジャパン農場研修

 

ナードジャパン農場

 

5/20 晴れ

生徒さん達とナード農場研修に行ってきました。

 

5月は普段なら

・ジャーマンカモミール 満開

・ダマスクローズ 咲き始め

なのですが、今年は夏日が続いていてハーブ全般に開花が前倒しでダマスクローズも満開でした。

 

ダマスクローズ

 

今回はダマスクローズの花摘みのお手伝いも。

参加されたナード会員の皆さんで100kg積みました。

1回の蒸留で100kg必要なダマスクローズですが、採れる精油はほんの1〜2mlだそうです。

本当に貴重な精油ですね。

 

 

可憐なお花ジャーマンカモミールもお土産にたくさん摘ませて頂きました。

 

カモミール

 

花が大っきい。

無農薬で大切に、のびのび育つとこうなるのかな。

 

 

 

 

優しいナードの方々

 

ナードジャパンのローズ

 

ナード農場へ伺うと、事務局の方々の優しさに癒されます。

 

農場でハーブ摘みをした後、山を降りて休憩するのですが、摘みたてのハーブティーやハーブ氷などが次々と運ばれて来ます。

お気持ちがとても嬉しいです。

 

 

ケーキ

 

ローズをあしらったプチケーキまで。

美味しく頂きました。

 

 

クラフト作りはすっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、これからの季節にぴったりのクラフトを2点作成しました。

他にも今回は挿し木できるハーブもたくさん頂きました。

 

ナード農場のハーブ

 

このハーブはお休みされた生徒さんと春スタートの生徒さんへのお土産になりました。

少しずつお渡ししますね。

 

 

次回はお土産ハーブの自宅での活用法について書こうと思います。

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 47