8月 14, 2017
JAMHA認定 ハーバルセラピストコースの特徴

ハーバルセラピストコースの特徴

日本メディカルハーブ協会 認定

ハーバルセラピストコース

 

メディカルハーブを学びたい方にお勧めしている講座「ハーバルセラピストコース」では、全18回のレッスンを開催しています。

レッスンでは、ハーブのある暮らしの心地よさや健康管理への利用について学ぶことができます。

 

こちらの記事ではJAMHA認定ハーバルセラピストコースのレッスンの特徴についてお話しさせていただきます。

 

 

ハーブの成分とその薬効が学べる

レモンバーベナ

 

JAMHAの最大の特徴は、 ハーブの成分について詳しく学べるということです。

 

ハーブに含まれる成分やその薬効を学ぶことで、健康や美容に良い理由がしっかりと理解できます。

ハーブを学びたいと思ってくださる方は、はハーブが効く理由を一番知りたいとおっしゃって下さいます。

 

JAMHAの良いところは、成分に焦点を当てて学べるので「なんとなく」ではなく「理由を持って」ハーブを選べるようになるところです。

 

 

aaaromaのハーバルセラピストコース

 

aaaromaのハーバルセラピストコース
30種類のハーブ試飲
身体のこともきちんとご説明
ハーブ図鑑・書籍多数ご紹介 
メディカルアロマのアプローチのお話し

 

aaaromaのレッスンは、ただの丸暗記で終わらないように、ハーブを見る、味わう、香る、触るなどの五感を使うことを大切にしています。

ハーブ見本はもちろん、ハーブの試飲はも毎レッスンきちんと行います。

 

講師の木坂は薬剤師ですので、身体のしくみについても分かりやすくお伝えしています。

身体の本やハーブ図鑑など、お勧めの書籍も多数ご紹介しています。

 

また、aaaromaはメディカルアロマの教室もしているので、ハーブで対応しきれない症状への精油を使ったアプローチ方法のお話もさせていただいています。

 

全18回のレッスンを通して、テキストに載っていない気軽で楽しいメディカルハーブの活用法を学ぶことができます。

 

 

ハーバルセラピストコースの詳細は、下記リンクよりご覧下さい。
ハーバルセラピストコース

 

 

 

ハーバルセラピスト試験について

 

ハーバルセラピストコース

 

こちらの記事の最後は、皆さんが気になる話題「試験」についてです。

JAMHAの試験の特徴について下記にまとめています。

 

ハーバルセラピスト試験
1年に2回 5月・11月
マークシート方式で全50問
問題用紙は持ち帰れない
合否は1ヶ月半ほどで自宅へ郵送

 

ハーバルセラピスト試験は、年に2回(5月&11月)の休日にJAMHA指定の場所で開催しています。

 

試験は筆記ではなく、マークシート方式です。

問題用紙が持ち帰れず解答も発表されません。

試験が終了しても答え合わせができないので、合否を待つ間はそわそわします。

 

 

aaaromaでは、試験対策として解答付きの模擬試験を無料で差し上げています。

生徒様には、試験の練習にご自宅解いてみていただきます。

レッスンが終了しても、試験までの間にご質問等をメールやお電話でお受けしていますのでご安心下さい。

 

 

 

 

まとめ

 

ハーバルセラピストコースの特徴はつかめましたか☺︎?

ご自身やご家族の健康を守るメディカルハーブの知識は一生ものです。

 

ハーバルライフを楽しみたい方のお問い合わせをお待ちしております。

 

お問い合わせメール

 

 

 

 

スクール情報

Instagramfacebook

人気のアロマの資格取得講座
ナード・アロマテラピー協会 認定
( NARD JAPAN | ナード・ジャパン )
 評判のハーブの資格取得講座
日本メディカルハーブ協会 認定( JAMHA )

 

 
 JR中央線 武蔵小金井駅バス5分徒歩5分 
新宿・中野・荻窪・吉祥寺・三鷹・武蔵境・東小金井・西国分寺・国分寺・国立・立川・日野・豊田・八王子・
東京メディカルアロマスクール|ナードジャパン認定アドバイザー資格認定校|メディカルハーブスクール|JAMHA認定 ハーバルセラピストコース認定教室
category : JAMHA 認定講座